这一季的日剧已经陆陆续续临近尾声,在众多的优秀作品里不知道大家有没有追《隣の家族は青く見える | 邻家月更圆》这一部?

故事围绕4户家庭展开:期待怀孕生子的夫妇、以丁克为前提准备结婚的恋人、男同情侣以及在意周围眼光装作很幸福的4口之家。外表看似幸福和谐的四个家庭,其实都有不为人所知的秘密……

在第二集中,美甲师杉崎千寻就和两个孩子的母亲小宫山发生了争执,起因是小宫山总是在强调“女人一定要生孩子”。

忍无可忍之下有了以下这段台词↓

这一集播出之后,在日本的社交网站上引发了网友们热烈讨论,有人反对也有人支持。

众所周知日本是比较典型的“男权社会”。女性结婚之后放弃工作,安心在家相夫教子似乎已经是一种“约定俗成”。而在很多的影视作品里,我们也不难看到结婚之后男方对孩子和妻子可以说是不闻不问……也因此引发了很多社会问题。虽然现在这一现象已经有所缓解,但是这种已经成为传统的家庭观念却不是那么容易就能完全改变的。

随着剧情地不断推进,也有不少人提出了疑问:日本人如何看待丁克这件事?他们丁克的情况普遍吗?

不如今天就和日语君一起来了解一下吧~

“丁克”是什么意思?

DINKs(ディンクス)とは?

DINKsはそんな従来の結婚観を打ち破る新たな男女の関係性として、1980年代後半にアメリカから日本に伝わり浸透した。

“丁克”作为一种打破传统结婚观念的全新男女关系,在1980年后半段从美国传入并渗透至 日本。

DINKsとはDはDoubleの頭文字、IはIncomeすなわち収入、NはNoで、KはKids=子供の略。夫婦共働きで自発的に子供を産まない選択をする夫婦のことである。

DINKs这个单词里,D是Double的首字母,I是Income即收入的意思,N是No,K代表Kids。只是那些双方都有收入但却选择不生孩子的夫妇。

日本“丁克”人群的占比是?

DINKSの割合?

意識的に子供をつくらない選択をする家計のことを指しますが、不妊により子供ができない家計や、高齢での結婚だったため子供をつくることができない家計も含まれます。

虽然“丁克”指的是那些有意识不要孩子的家庭,但这其中也包括了那些因为不孕不育症或者是年龄较大而要不了孩子的家庭。

 

DINKSの世帯数も増えていると思われますが、これは出生数の減少を見れば明らかです。

丁克家庭的数量在不断地增加,这一点从出生数减少上就可以显而易见地明白。

国税庁のデータを元に、計算してみたいと思います。

根据国税厅的数据,计算一下丁克家庭的数量。

このデータによると、まず夫と妻が両方とも就業している家計は13,080,450世帯あります。その内、子供がいないのは4,139,823世帯、子供ありが8,940,627世帯ということでした。

首先夫妻双方都在工作的家庭数量达到13,080,450个,其中没有孩子的有4,139,823个,而有孩子的则是8,940,627个。

 

ここから導き出されるDINKSの割合は以下です。DINKSの割合は31.6%。7割くらいが子供がいて、3割くらいが子供がいない世帯ということですね。

结果很明显,丁克的占比达到31.6%。七成家庭有小孩,而三成的家庭没有孩子。

(PS:以上数据包含了正在备孕或者只是暂时不要孩子的家庭,所以真正意义上的“丁克”占比应该更低。)

ちなみに子供がいる世帯のうち、子供のいる”人数”の割合は以下です。

子供1人は、3,752,291世帯(41.9%)

子供2人は、3,966,753世帯(44.4%)

子供3人以上は、1,221,583世帯(13.7%)

顺带一提,在有孩子的家庭中,孩子数量的占比如下。

有一个孩子,3,752,291个家庭(占41.9%)

有两个孩子,3,966,753个家庭(占44.4%)

有三个孩子,1,221,583个家庭(占13.7%)

 

子供が2人いる世帯の方が、1人の世帯より多いのが意外と言えば意外です。

令人比较意外的是,拥有两个孩子的家庭竟然比拥有一个孩子的家庭要多。

人们选择丁克的理由是什么?

人々がDINKsを選択する理由?

子どもができないわけではなく、子どもを意識的に作らないという選択をした共稼ぎの「DINKS」。今や珍しくもない存在だと思いますが、まだまだ世間からの風当たりは強いものです。

并不是要不了孩子,而是有意识地不要孩子,夫妻双方都拥有自己工作的家庭被称为是“丁克”。我认为现在这已经不是什么稀奇的事儿了,但是世俗之风却仍然刮得不小。


私自身も、「子どもは?」と聞かれて、「うちは子どもは作らないって決めてるから」と答えると、「え!?じゃあなんで結婚したの?」と責めるような口調で質問されることも少なくありません。

当被问起“孩子呢?”,回答“我们决定不要孩子”时,总是能听到那种略带责备的质问口气“那你干嘛要结婚哦?”。

好きな人と法的にも夫婦として認められた上でずっと一緒にいたい。ただそれだけで結婚するのは悪いことなのでしょうか?子どもを産まない人に、結婚する権利はないのでしょうか?そう問いたくなることは多々あります。

和自己喜欢的人成为被法律认可的夫妻,想要和他永远生活在一起,难道只是因为这个理由结婚就有什么错吗?决定不生孩子的人,就没有结婚的权利了吗?总是忍不住有这样那样的疑问。

なぜ「共稼ぎで子どもを持たない」という選択をしたの?私の周りにいる、DINKSを選んだ女性たちにインタビューをしてみました。

为什么夫妻双方都有收入来源但是却不要孩子呢?对我周围选择丁克的女性进行了采访。

现阶段的生活水平,不想降低

今の生活水準を落としたくない

『専門職ということもあって、正直、同年代の女性たちよりはるかに稼いでる。だから、この仕事を辞めるのはすごくもったいないと思った。産休や育休も利用できる職場だけど、子どもができてから育児と仕事を両立する気力も体力も私にはない し、性格的にムリだってこともわかってる。

“因为自己是专职毕业,说实话,比同龄的女生要早工作很多年。因此如果辞去了这份工作会觉得非常可惜和浪费。虽然也有可以利用产假和育儿假的公司,但是我觉得自己没有体力和精力一边养孩子一边工作,也知道按照自己的性格肯定是不行的。

旦那とも話し合ったけど、お互いに今の生活水準も落としたくない し、二人とも子どもがあまり好きじゃないということもあって、必然的に「子どもは作らず今のままのスタイルで働いていこう」ということになった』(32歳女性・専門職)

和老公商量过之后,也达成了现阶段的生活水平还不够稳定,另外两个人也都不是很喜欢小孩子的共识。因此必然就是决定不要孩子,维持现在的状态好好工作就行。”

夫妻两个人足够快乐没必要生孩子

夫婦二人で十分楽しいので子どもの必要性を感じない


『うちの場合、子どもはいてもいなくてもどっちでもいいというスタンスで自然の流れに任せてたんだけど、結局40歳になるまでできなかった 。両親からのプレッシャーで妊活もしてはみたけど、心から「欲しい」と思えないのに、両親のためだけに妊活することは不自然だし苦痛でしかなくて、お金もかかるしやめちゃった。

“我是这样的情况,年轻的时候觉得有没有孩子都无所谓所以就这样交给老天了,结果到了40岁也没怀上。迫于双亲的压力虽然也考虑过开始备孕,但心里其实也没有说很想要孩子。如果只是为了爸妈的话就很奇怪也会感觉痛苦,加上真的很花钱所以就放弃了。

共通の趣味が多いせいか、夫婦二人だけでも十分楽しく生活していけるし、子どもが必要だとは思えなくて ……。夫婦で仕事と趣味の両立をずっと続けていけたらいいなと思ってる』(41歳女性・編集職)

我们两个人的共同兴趣爱好有很多,就算只有夫妻两个人也能十分愉快地生活,就不觉得一定要有孩子了……而且我也认为夫妻之间一直保持这种工作和爱好的平衡还挺好的。”

丈夫内心有创伤

夫にトラウマがあった


『夫の家庭環境がちょっと特殊で……。両親がほとんど別居状態だったのと、結局お互いに新しいパートナーを見つけて離婚しちゃったってこともあって、つらい思いをしたみたい。結婚前から「俺は子どもはいらない」って言ってた。

“我丈夫的家庭环境有点特殊……父母都是分居的状态,结果两个人都找到了新的伴侣因此离婚了,这样的回忆对他来说很痛苦。结婚前他就向我坦白了是不要孩子的。

私も特に子どもが欲しいというのはなかったし、「夫がそのうち欲しくなったら作ればいいや」くらいの気持ちでいた。もう結婚して10年以上になるけど、夫婦仲はいいし、二人だけで困ることもない し、このまま二人で仕事を続けながら恋人同士みたいな親友みたいな関係を続けていけたらいいなという感じ。むしろ、子どもがいる生活とかもう考えられなくなってる 』(38歳女性・事務職)

我自己也不是说很想要孩子的那种,后面丈夫也说了如果以后想要孩子的话再要就好了。不过我们两个已经结婚十几年了,关系也很好,只有两个人也没有什么特别烦恼的事,就这样一边工作一边保持像是恋人般的亲密关系感觉也不错。不如说我们已经完全不去想有孩子的生活了。”

想要尽情地享受自己的人生

子どもに気兼ねなく自分たちの人生を楽しみたい


『夫も私もいろんな地域で生活してみたいって夢があったから、在宅でWeb関係の仕事をしながら、2〜3年くらいのスパンで引越しをしてます。ネット環境さえあればどこでも仕事ができる今の生活スタイルは気に入ってるし、もっといろんなところへ行ってみたい。将来的には、海外で生活することも計画してるし。

“我和我的丈夫都有一个梦想,就是能在不同的地方生活,因此在家从事着和web有关的工作,大概2,3年就会搬一次家。只要有网络就能办公,我们对这样的生活方式非常喜欢,所以还想要去更多的地方。未来也计划到国外生活。

でも、子どもがいるとそんな自由なことは言ってられなくなりますよね。学校のこととかもあるから転居を繰り返すのはよくないし、企業に属していないことで収入が安定しないっていう不安もある。夫婦二人ならどうとでも生きていけるけど、子どもがいたらそうはいかないし、振り回すわけにもいかない。

但是,如果有了孩子的话肯定就不能这么自由了吧?因为学校的关系不能经常搬家,没有正规的工作收入也不稳定,难免感到不安。夫妻两个人的话怎么生活都行,但是有了孩子情况就不一样了。


だから私たちは「子どもを作るのはやめよう」って結論になりました。自分勝手だと思われるだろうけど、自分たちの人生を自由に楽しみたい というのは譲れない。』
(29歳女性・クリエイティブ職)

所以我们就决定不要孩子了。虽然也明白这样的决定很自私,但是我们想要自由地享受属于自己的人生,这一点上也无法做出让步。”

夫妻关系好是丁克的特征?

夫婦仲が良いのが特徴!?

4名の女性に話を聞きましたが、共通しているのは「夫婦仲が良い 」ということと、仕事なり趣味なり、「夢中になれることがある 」ということ。

从四名女性的对话当中,能够感受到的共同点就是“夫妻关系非常好”,不管是工作也好爱好也罢,两个人有能够为之沉迷的事。

子どものいる友人がよく、「子どもの話以外、旦那と話してないかも」と言っているのを聞きますが、DINKS夫婦は趣味の話や将来の夢、仕事の相談、週末の過ごし方の提案や旅行の計画など、わりと話題が充実しています。平日はそれぞれ仕事に打ち込んで、週末は二人で外食を楽しんだり出かけたりする、という生活パターンも多いものです。

一个有孩子的朋友经常这样说:“大概除了孩子之外的事没什么好和丈夫说的。”,但是丁克的夫妇关于爱好、关于梦想、关于工作、关于周末怎么过、关于旅行的计划,能聊的话题有很多很多。平日里投身于工作之中,双休日两个人一起开开心心地到外面吃饭,在丁克家庭里这样的生活方式很常见。

あまり結婚前の生活と変わりがないので、いつまでも恋人同士のような、親友同士のような関係が保てています。それゆえ、夫婦二人の生活に満足していて、子どもが欲しいと思えない という面もあるのかもしれません。

和婚前的生活相比没有什么太大变化,一直保持恋人、亲友关系。夫妻两个人的生活就以令人满足,那也就很自然地不想要孩子了吧。

经济状况良好的案例很多?

経済的にゆとりがあるケースも多い!?

子どもを持たない選択をした夫婦に対して、経済的に困窮しているからという見方をする場合も少なくありませんが、今回インタビューした女性たちはむしろ、平均以上の世帯年収の暮らし をしており、経済的には余裕があります。

对于选择不要孩子的夫妇来说,因经济上的问题而导致生活困苦的情况就比较少见了。这次接受采访的几位女性,收入上也要高出平均,经济上还是有所富余的。

だからこそ、「今の生活スタイルや生活水準を変えたくない」という考えに至ってしまうのかもしれません。

正因为如此,才更加会考虑“不要降低或者说改变现在的生活方式和水平”吧。

そう考えると、子どもを持たないのは結局自分たちの都合を優先しているから、と見られても否定はできませんが、やはり一度きりの人生。夫婦で同意ができているなら、子どもを持たないという選択も批判されるべきではないでしょう。

这样来看的话,不要孩子的这些家庭确实是站在自己的角度为最优先考虑,这一点虽然不能否认,但这毕竟人生只有这么一次。只要两个人能够达成共识,就算不要孩子也不应该受到批判才对。


個人的には、DINKSという選択も一つの生き方として、もう少し認められるようになってくれればいいなと思います。

对于我个人来说,丁克也是作为选择之一的生存方式,如果能够再多被大家认可一点就更好了呢。

总体来说,虽然丁克已经是一个渐渐被大家所知晓的概念,但是在亚洲国家仍然不能被大众所完全接受。

想要结婚,成为母亲,在家相夫教子做家庭妇女的女性并没有错,但是不结婚,想要一心专注于事业,能够有所成就的女性也没有错。当然,即使结了婚,能够和丈夫相亲相爱共同成长,不要孩子的女性就更加没有错了。唯一有所不同的,只是选择

人生在世,每个人都有选择自己人生的权力。而恰恰就是这看似平等的权利,对女性来说却总是显得有些苛刻。如果有一天,结婚、生孩子这些事能够不再成为世人去评判或者评价一个女性的标准,那世界应该会美好很多吧。

正如《邻家月更圆》中所表达的那样,能够去认可“多样性”比什么都重要。当然这不仅仅是对他人,更是对自己自身多样性的认同。不因为自己和大部分人有所异而感到瑞瑞不安和小心翼翼,更不要因为有些人和世间所谓的“约定俗成”不一样,就产生差别对待的心理。

毕竟各种各样不同的人,才组成了现在我们所生活的多彩世界,也正是因为人与人之间的各不相同,相遇和相处才显得格外有趣和珍贵。


发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注